Home

stii-logo-big

改正「電子帳簿保存法」に対応!

改正「電子帳簿保存法」に対応!

メールで添付ファイル送信すると
タイムスタンプ証明書を発行

メールで添付ファイル送信すると
タイムスタンプ証明書を発行

stamp@stii.com

stamp@stii.comをメールのCcに入れ、タイムスタンプを付与したいファイルを添付して送信するだけで、電子帳簿保存法に対応した証明書が発行されます。
PDFだけでなく JPEG、PNG、Excel、Word、Zipなどあらゆるファイルタイプにタイムスタンプを付与することができます。

タイムスタンプはAcrobat Readerで検証可能

stii TAS証明書を「Adobe Acrobat Reader」で開いていただくことで、タイムスタンプの有無を確認して頂くことができます。

原本ファイルは stii TSA証明書に内蔵

原本ファイルは全てstii TAS証明書の中に内蔵されますので、証明書を保存しておくことで電子帳簿保存法に対応した保存方法が可能となります。

安心して使える stiiタイムスタンプサービス

特許申請済のサービス

stiiタイムスタンプサービスは、株式会社AKUODIGITALにて特許申請済です。

電子帳簿保存法に対応

原本ファイルを含んだstii TSA証明書を保存しておくことで、改正電子帳簿保存法に対応した「原本証明」ができます。
※国税庁 電子帳簿保存法特設サイト

毎月100件まで無料

1つのメールアドレスあたり、毎月100件無料でご利用いただけます。
※月100件以上ご使用される場合help@stii.com迄ご連絡下さい。

データは完全秘匿

送信されたメール本文及び添付ファイルの内容は弊社サーバーには残らず、弊社では閲覧できない仕様になっておりますのでご安心ください。

電子データの「存在」を「証明」する信頼性の証し

タイムスタンプとは

電子データがある時刻に確実に存在していたことを証明する電子的な時刻証明書です。
タイムスタンプに記載された暗号情報とオリジナルの電子データを突き合わせることで、その電子データがタイムスタンプによって証明された内容であることを確実に確認することができます。

以上の様な「いつ」「どのような情報があったのか」を証明することを「存在証明」ともいいます。

認定タイムスタンプ

stiiタイムスタンプサービスでは、電子帳簿保存法に対応した「認証タイムスタンプ」を使用しています。

「認定タイムスタンプ」とは、総務省が策定したタイムビジネスに係る指針を踏まえ、一般財団法人日本データ通信協会が認定した「時刻認証業務認定事業者」が発行したタイムスタンプのことをいいます。
e-文書法や電子帳簿保存法、知的財産保護関連、医療情報、電子契約等の分野で急速に利用が進んでいます。

電子帳簿保存法とは

電子帳簿保存法とは、国税関係帳簿書類を電子データとして保存する際の要件や、電子的に授受した取引情報の保存方法などについて定めた法律です。
2022年1月以降は電子取引で受領したデータは、紙ではなく電子データとしての保存が義務付けられるようになりました。

今後、電子取引データ保存をする際の必須項目として、授受後、速やかにタイムスタンプの付与が定められました。

ご使用方法例

契約書、請求書等に付与

004

契約書や請求書、議事録等にタイムスタンプを付けて改ざんができない状態にすることができます。
今後「電子取引データ保存」が必須となるため、タイムスタンプ付与済の請求書を取引先に送ることでさらに信用度がアップします。

自分に送信して社内利用

001

宛先をご自身のメールアドレスに設定して送信することで、作成日時を証明するタイムスタンプ付きの書類を作成できます。
自社内でのデータ保存にご活用いただけます。

知的財産の保護

제목을 입력해주세요_-002 (1)

知的財産の保護を目的として、タイムスタンプをご活用いただく事もできます。
研究・実験レポート、配合表・設計仕様書、図面の電子保管、重要書類等にタイムスタンプを付けておくことで、先使用権を主張することができます。

あらゆるファイル形式に対応

제목을 입력해주세요_-003

PDFはもちろん、Excel、Word、PPT、ZIP、JPEG、PNG等どの様なファイルにも対応しています。
(パスワード付きのファイルも可)

メール1通で原本性の確認が可能

stamp@stii.comに ①stii TSA証明書と②原本ファイルを送って頂くと、原本性の確認をすることが可能です。
原本ファイルは実際の原本ファイル、stii TSA証明書に内蔵されたものどちらとも同じハッシュ値でありどちらも原本であると言えます。

原本ファイルや stii TSA証明書のファイル名を変更した場合も、問題なく原本性の確認をしていただけます。

よくあるご質問

1つのメールアドレスあたり、毎月100件無料でお使い頂けます。
毎月100件以上ご使用される場合は、別途 stamp@stii.com 迄ご連絡下さい。

PDFはもちろん、Excel、Word、PPT、ZIP、JPEG、PNG等どの様なファイルにも対応しています。
(パスワード付きのファイルも可)

Adobe Acrobatで確認することができます。 インストールされている場合、特別な措置なしにファイルを開くと上段に署名済であるとの表記がされます。
詳細については、[PDFに付与されたタイムスタンプの確認方法]にてご確認ください。
AdobeAcrobatをインストールするには[Adobe Acrobat]を確認してください。(無料)

タイムスタンプの有効期限は最長10年です。
有効期限を過ぎると「いつ」という情報を証明できなくなるだけでなく、非改ざん性も証明できなくなります。

stiiに関してご不明な点はございませんか?

☏ 03-6672-7540(平日10:00~17:30)
help@stii.com

stiiタイムスタンプサービスを使用すれば、ファイルの完全性を証明するタイムスタンプをまとめて付与し、さらに電子帳簿保存法に対応した証明書が発行されます。
PDFだけでなく Excel、JPEG、PNG等どの様なファイルにも対応しています。

タイムスタンプはAcrobat Readerで検証可能

stii TAS証明書を「Adobe Acrobat Reader」で開いていただくことで、タイムスタンプの有無を確認して頂くことができます。

原本ファイルは stii TSA証明書に内蔵

原本ファイルは全てstii TAS証明書の中に内蔵されますので、証明書を保存しておくことで電子帳簿保存法に対応した保存方法が可能となります。

安心して使える stiiタイムスタンプサービス

特許申請済のサービス

stiiタイムスタンプサービスは、株式会社AKUODIGITALにて特許申請済です。

電子帳簿保存法に対応

原本ファイルを含んだstii TSA証明書を保存しておくことで、改正電子帳簿保存法に対応した「原本証明」ができます。
※国税庁 電子帳簿保存法特設サイト

毎月100件まで無料

1つのメールアドレスあたり、毎月100件無料でご利用いただけます。
※月100件以上ご使用される場合help@stii.com迄ご連絡下さい。

データは完全秘匿

送信されたメール本文及び添付ファイルの内容は弊社サーバーには残らず、弊社では閲覧できない仕様になっておりますのでご安心ください。

電子データの「存在」を「証明」する信頼性の証し

タイムスタンプとは

電子データがある時刻に確実に存在していたことを証明する電子的な時刻証明書です。
タイムスタンプに記載された暗号情報とオリジナルの電子データを突き合わせることで、その電子データがタイムスタンプによって証明された内容であることを確実に確認することができます。

以上の様な「いつ」「どのような情報があったのか」を証明することを「存在証明」ともいいます。

認定タイムスタンプ

stiiタイムスタンプサービスでは、電子帳簿保存法に対応した「認証タイムスタンプ」を使用しています。

「認定タイムスタンプ」とは、総務省が策定したタイムビジネスに係る指針を踏まえ、一般財団法人日本データ通信協会が認定した「時刻認証業務認定事業者」が発行したタイムスタンプのことをいいます。
e-文書法や電子帳簿保存法、知的財産保護関連、医療情報、電子契約等の分野で急速に利用が進んでいます。

電子帳簿保存法とは

電子帳簿保存法とは、国税関係帳簿書類を電子データとして保存する際の要件や、電子的に授受した取引情報の保存方法などについて定めた法律です。
2022年1月以降は電子取引で受領したデータは、紙ではなく電子データとしての保存が義務付けられるようになりました。

今後、電子取引データ保存をする際の必須項目として、授受後、速やかにタイムスタンプの付与が定められました。

ご使用方法例

契約書、請求書等に付与

004

契約書や請求書、議事録等にタイムスタンプを付けて改ざんができない状態にすることができます。
今後「電子取引データ保存」が必須となるため、タイムスタンプ付与済の請求書を取引先に送ることでさらに信用度がアップします。

自分に送信して社内利用

001

宛先をご自身のメールアドレスに設定して送信することで、作成日時を証明するタイムスタンプ付きの書類を作成できます。
自社内でのデータ保存にご活用いただけます。

知的財産の保護

제목을 입력해주세요_-002 (1)

知的財産の保護を目的として、タイムスタンプをご活用いただく事もできます。
研究・実験レポート、配合表・設計仕様書、図面の電子保管、重要書類等にタイムスタンプを付けておくことで、先使用権を主張することができます。

あらゆるファイル形式に対応

제목을 입력해주세요_-003

PDFはもちろん、Excel、Word、PPT、ZIP、JPEG、PNG等どの様なファイルにも対応しています。
(パスワード付きのファイルも可)

メール1通で原本性の確認が可能

stamp@stii.comに ①stii TSA証明書と②原本ファイルを送って頂くと、原本性の確認をすることが可能です。
原本ファイルは実際の原本ファイル、stii TSA証明書に内蔵されたものどちらとも同じハッシュ値でありどちらも原本であると言えます。

原本ファイルや stii TSA証明書のファイル名を変更した場合も、問題なく原本性の確認をしていただけます。

よくあるご質問

1つのメールアドレスあたり、毎月100件無料でお使い頂けます。
毎月100件以上ご使用される場合は、別途 stamp@stii.com 迄ご連絡下さい。

PDFはもちろん、Excel、Word、PPT、ZIP、JPEG、PNG等どの様なファイルにも対応しています。
(パスワード付きのファイルも可)

Adobe Acrobatで確認することができます。 インストールされている場合、特別な措置なしにファイルを開くと上段に署名済であるとの表記がされます。
詳細については、[PDFに付与されたタイムスタンプの確認方法]にてご確認ください。
AdobeAcrobatをインストールするには[Adobe Acrobat]を確認してください。(無料)

タイムスタンプの有効期限は最長10年です。
有効期限を過ぎると「いつ」という情報を証明できなくなるだけでなく、非改ざん性も証明できなくなります。

stiiに関してご不明な点はございませんか?

☏ 03-6672-7540(平日10:00~17:30)
help@stii.com

タイトルとURLをコピーしました